tiku・taku
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

oriori

Author:oriori
冬は滑る。夏は登る。

天気予報

カウンター
書棚置きました
MoonAge
日めくり
  • 2017/03/20/Mon 09:59:18
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:

春ゲレンデ




1011.jpg  1009.jpg  1008.jpg

まだまだ風が冷たいのですが、
陽射しが強くなってきました。



  • 2016/09/20/Tue 22:59:01
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:

神居尻  -2016秋

土曜の日記より。


6:50、空気はひんやり。
凍える前に歩こう。

0905.jpg
尾根に出ると、カメラを出す気になる。


0906.jpg
トリカブトをよく見かけた。


0907.jpg
分岐を振り返る。青空が嬉しい。


0909.jpg
今日も静かなお山。


0910.jpg


0911.jpg
りんどうも散在。


0912.jpg
いつものベンチでランチ。
山でのカップ麺は幸せの味。酢がカラダに沁みる。


0913.jpg
BKは山頂バック。


0914.jpg
食べたら下山。いちご?


0915.jpg
中央の三角は黄金(今回やっと自力で見つけました)。


0916.jpg
ウメバチソウ。今時期咲くんですね。そうだっけ?


0917.jpg
昼前に下山完了。(夕方から飲み会)

寒い空気が上がってきたり、陽射しが暑かったり。
でもほとんど風がなくて穏やかな一日でした。

  • 2016/08/11/Thu 22:02:49
  • COMMENT:2
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:

手稲山  -2006 盛夏


今日は手稲山。6時過ぎに登山開始。

温度計の表示は20℃以下。でももっと暑いと思う。


0854.jpg
ヤマアジサイは終盤。


0856.jpg
この岩場が多分この山のメイン。


0857.jpg
空が青い。


0868.jpg
先行者は時々振り返る。


0858.jpg
山頂。実は人の出入りは多いし、
ご飯食べている人も何人かいます。

0859.jpg
一番高く見えるのが余市岳。右端に国際スキー場。


0871.jpg
左奥に無意根、雲の向こうに羊蹄、雲の手前に定天。


0862.jpg
山頂を後にして、ゲレンデ側でBK。
ぼんやりのネオパラの向こうは札幌。


0863.jpg
お食事処はリフト降り場。
一方のゆで玉子は沈んでいるらしい。


0864.jpg
セブンイレブンのスィーツ。名前は忘れました。


0865.jpg
石狩湾。


0866.jpg
眠っちゃいそうになるので下山開始。


0867.jpg
それは何の木?


0869.jpg
とても小さい。


0870.jpg
トリカブト。低いアングルから。

今日の山:  ピーカン、微風。だんだん気温は上がった。


登山口に戻って来たら、12時半過ぎ。
駐車場はほぼ満車状態で、
入り切れなかった車がたくさん路駐していました。

  • 2016/08/07/Sun 17:18:10
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:

札幌岳  -2016 盛夏


昨日は札幌岳。

STARTはひんやりだった。


0847.jpg
でも間もなく暑くなる。


0849.jpg
山頂も暑い。


0848.jpg
羊蹄が良く見える。


0842.jpg
恵庭もくっきり。


0845.jpg
真ん中の岩が八剣山。遠くに札幌の街も海も見える。


0844.jpg
宇治抹茶のバームクーヘンbyローソン。
BKはやはり黄色がよろしい。

0846.jpg


0851.jpg
山アジサイがきれいだったな。


  • 2016/06/20/Mon 08:42:17
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:

神居尻  -2016初夏

(土曜の日記より)

雨上がりだしね。まだ曇りだしね。
1000m以上は今日はやめておこうか。
ということで、神居尻。

先々週も来たばかりだからね。
ハクサンイチゲ終わったし、ちゃっちゃと行くよ。

タニウツギ。



分岐方向、ガスだし。
0789.jpg


ハクサンチドリ。たくさん咲いてました。
0791.jpg


タニウツギ。山の赤は特別だよ。
0790.jpg


キクバクワガタ。
0792.jpg


ミヤマアズマギクもけっこう咲いてた。
0793.jpg


オオアマドコロ。
0794.jpg


雲の上まで続きそうな階段。
0795.jpg


ハクサンイチゲはまだ咲いてました。咲き方に勢いがないのは、ピークを過ぎたから?
フウロとコラボ。
0805.jpg


こんなに静かな神居尻は初めてかもしれない。
0799.jpg


いつものベンチで。山頂ガスガス。
0801.jpg
まったりしてから下山。


入り組んだレイジンソウ。
0802.jpg


ミヤマキンバイ(?)。
0803.jpg


カラマツソウ。
0806.jpg



フウロ。
0807.jpg


ミヤマオダマキとフウロ。
0804.jpg


下山完了。陽が差してきた。
0808.jpg
(天候:  くもり。山頂付近の視界は不良。20℃。)

オダマキやフウロ等の紫が目立っていて、
タニウツギの赤もきれいだったな。
結局前回とほぼ同じくらいの時間を山で過ごしました。
のんびりしても焦ってもペースはあまり変わらないらしい。

虫刺されは4ヶ所。
今一番痒いのは小指。
腫れて熱を持ち、とっても太い小指になっています。

  • 2016/05/29/Sun 23:37:17
  • COMMENT:4
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:

神居尻  -2016春 その弐

(28日の日記より)





0771.jpg
11時少し前に登頂。


山頂の桜。
0766.jpg
花も葉も皆一緒。


山頂は通過して、一段下へ。
0769.jpg
ここのベンチが好き。


0770.jpg
残雪はほんの少し。


0767.jpg
BK。


11時過ぎに下山開始。
0772.jpg
チョー遅咲きのカタクリ。


0774.jpg
サクラは何度見てもいい。


0775.jpg
ムラサキヤシオ。


0776.jpg
キバナイカリソウ。


0777.jpg
ツバメオモト。


0779.jpg
やっと目撃したサンカヨウ。みんなもう散っちゃったの?


0780.jpg
オオカメノキ。


0781.jpg
BとCの間にあるトイレ。管理が行き届いてます。


下山の途中で学生時代の先輩に遭遇しました。
先輩はトレランで、汗だらだら。
「山頂でカップ麺を食べる」
と、元気に駆けて行きました。
  • 2016/05/28/Sat 20:47:53
  • COMMENT:4
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:

神居尻  -2016春


近くて低い山から行ってます。
今日は神居尻。


1輪だけのオオアマドコロ。


0756.jpg
最初の登りで既にへたり気味。


0757.jpg
アイヌワサビかなぁ。(アブラナ科は難しいよ)


0759.jpg
紫が濃い。


0758.jpg
階段は続く。


0760.jpg
今日もいい天気だ。
拡大したら、何となく視線があってるような気がした。


0761.jpg
ニリンソウ。


0762.jpg
分岐近くのミヤマオダマキ。花に見えない。


0763.jpg
シラネアオイ。あちこちで咲いていた。


0782.jpg
大賑わい。



0764.jpg
エゾノハクサンイチゲ。
のびのびと咲いている。

(明日に続く…)


今日の山:  終日晴れ。風穏やか。気温が高い(温度計忘れたよ)。

虫がわやわや飛んでいて、
でも今時期はまだ刺さないだろうと思っていたら、
首と右手首に合計5ヶ所刺されてました。
あまり腫れなかったけれど。
次からは虫装備もしなくちゃ。

  • 2016/05/25/Wed 22:57:51
  • COMMENT:2
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:

深緑

(22日の日記より)


また藻岩に行った。

ニリンソウ。先週より咲いていた。


0741.jpg
スミレ。


0737.jpg
ルイヨウショウマ。


0743.jpg
ナズナの類と思っている。


0744.jpg
クルマバソウ。


0745.jpg
この日も階段を行く。


山頂から。
0753.jpg
左端に恵庭、右端に札幌岳。


0748.jpg
中央の白いところが余市岳、その右の白いところが朝里岳。


0742.jpg
からまつからおりる。


0747.jpg
蛇がいたって?


0750.jpg
ファミリーゲレンデ。
白い円盤は真駒内アリーナ。


0751.jpg
下山。


0754.jpg
菜の花?


先週よりもぐんと緑が深くなっていました。
そして、とにかく暑かった。(夏日とな)
絶対使わんと思っていた山頂の自販で、メッツ買っちゃいました。悔しい。


今日の札幌:  午前中は雨、後晴れ。18℃。

  • 2016/05/16/Mon 19:13:38
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:

八剣山 -2016春

日曜は八剣山。




0732.jpg



0733.jpg
エゾキケマン。


0729.jpg
スミレ。


0734.jpg
山の赤は特別。ムラサキヤシオ。


0728.jpg
終盤だけどまだ咲いていてくれて、嬉しい。


0727.jpg
相変わらずスリリングな眺め。山頂近くから。
奥に高く見えるのが札幌岳。


0726.jpg
山頂から。
奥の白は余市岳。その右のとんがりが定山渓天狗岳。
更に右の白い平らな場所が朝里岳。


0735.jpg
山頂には虫がわやわや飛んでいて、早々に退散。
中腹からの景色。R230。


0731.jpg
クルマバソウだね。


0730.jpg
オドリコソウ。


高い山はまだ雪があり、装備がないので低い山から登っています。
昨日の八剣山は大賑わいでした。


今日の札幌:  風が強い。くもり、夕方から雨。14℃。

  • 2016/05/15/Sun 17:54:00
  • COMMENT:2
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:

藻岩山 -2016春  その弐

(昨日の日記より)

山頂から。
札幌の市街地の向こうに増毛連山。白い。



0715.jpg
桜が満開でした。桜の向こうには札幌岳。


0716.jpg
花見をしつつ、BK。


0712.jpg
下山開始。こぶしもきれい。


0713.jpg
エゾエンゴサクはまばら。


0719.jpg
ニリンソウ。


0718.jpg
中腹駅は開店前。


0720.jpg
うさぎ平を帰る。


0717.jpg
ミヤマエンレイソウ。


0721.jpg
フデリンドウ(だと思う)。


0722.jpg
うさぎ平を下りたらファミリーゲレンデ。


0723.jpg
ゲレンデ下のチューリップ。毎年きれいに咲いている。

暑い一日でした。

  • 2016/05/14/Sat 22:14:16
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:

藻岩山  -2016春

夏山開始。
久しぶりの土の匂い。
0705.jpg
ちょースローペースなのに、


0706.jpg
しゃがんだり立ち上ったり立ちくらみしたりで、(ヒトリシズカ)


0707.jpg
後続の人たちにどんどん抜かれるよ。(クルマバソウ。だと思う)


0709.jpg
急ぐこともできんよ。(スミレだよ)


0710.jpg
山頂はこのアンテナの奥。右端の階段を選ぶ。


0711.jpg
快晴。

つづく…

  • 2016/03/13/Sun 21:25:51
  • COMMENT:2
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:

登る山


0635.jpg

滑り屋ですが、
雪が締まってくるこの時期、登ることもあります。
朝里岳。
視界不良のため余市岳はうっすら見える程度。
(画像は別方向です)
風強く、気温-10℃以下。
ソッコー下山。

  • 2015/11/01/Sun 22:39:43
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:

砥石山


意外と急な登りがあったり、滑って転びそうになったりで、
カメラを出す気になったのは登山開始から1時間後。
何だよ、T4って。




0563.jpg

三角山から撮影。あれが砥石。ということにする。
0564.jpg
いったん下りて、

登る。
0565.jpg

0567.jpg  0566.jpg
陽が差すとほんのり暖かい。でも風が吹くと冷える。


下山は撮影しながら。残雪あり。
0569.jpg

青空が広がる。
0568.jpg

赤いものに目が行くクセがあります。
0570.jpg

枯葉の積もる道。
0571.jpg

水音が聞こえると、登山口は近い。
0573.jpg


装備:  ヒートテック、フリース、綿入りライナー付きジャケット、サウスリムパンツ、CW-X。
スープ春雨、温かいお茶、アクエリアス500cc、BK。

奥へ行くほど気温が低くなりました。
歩いていると暑いので、ライナーははずしたりつけたり。


下りて来てみれば5時間半(休憩含む)の山行。
充実の一日。

  • 2015/10/31/Sat 22:05:14
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:

藻岩山  -2015 秋


登りは登山道。
0576.jpg
時々雪がちらつく。




0579.jpg


登頂。
0580.jpg
ほぼ中央に真駒内アイスアリーナ。


0586.jpg
中央に札幌ドーム。


0581.jpg
手稲。


0585.jpg
札幌岳。は見えず。


0583.jpg
寒いわ。お茶を一口飲んで下山。


0577.jpg
帰りは兎だいら経由。


0584.jpg
ファミリーゲレンデ。



登って下りて2時間20分。
装備:  ヒートテック、フリース、綿入りライナー付きジャケット、サウスリムパンツ、温かいお茶。

  • 2015/10/04/Sun 22:53:40
  • COMMENT:2
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:

雨の中  


9時開始。7℃。小雨。風はほとんどなし。

駐車場に居合わせた女性に行くんですかと聞いたら、
「行きます」と意欲満々。
こんな日に行くんかい。


双子の木(勝手に命名)。
0546.jpg
たまに陽が射すけど、くもりで度々雨が降る。


葉が落ちて見通しがいい。
0544.jpg
最近の強風のためか登山道には倒木も多かった。


川やら泥沼と化したつづら折りを歩いて、
0548.jpg
・・・どこだよ。


って、札幌岳だよ。
0547.jpg
少し風がついて、雨粒も大きくなった気がする。
写ってないけど、山頂は30人くらいいて大賑わい。
みんな平気なの?


「お味噌汁あたりましたかー」とか叫んでいる人もいる。
こんな中でお湯沸かしたんかい。
0549.jpg
寒いからソッコー下りるよ。



0550.jpg

14:40下山。